深浦の自然・風景

北金ヶ沢の大銀杏

深浦町の北金ケ沢にあるイチョウは日本最大のイチョウであり、樹木全体としても4番目の大きさの巨樹とされています。
目通り幹周22m、樹高31mの巨木であるとともに、枝をよく張り、樹勢も良好で、イチョウ独特の樹形をよく示し、 11月〜12月にかけて黄金色の風景を生み出します。古くから神木として信仰され、人の乳房状あるいは鍾乳石状の気根が多数垂れ下がっていることから、 母乳が不足した女性の信仰対象として「垂乳根の公孫樹(たらちねのいちょう)」とも呼ばれ敬われていました。
母乳のでない女性が秋田や北海道から願掛けに訪れ、気根にお神酒とお米を添えて祈る風習は昭和50年代まで続いていたといわれています。

住所青森県西津軽郡深浦町塩見形356
電話0173-74-2111(深浦町教育委員会)

深浦の見どころ

歴史・文学
深浦町歴史民俗資料館・美術館
太宰の宿ふかうら文学館
総合観光案内所「風待ち舘」
見入山観音堂
円覚寺
自然・風景
関の杉・古碑群
北金ヶ沢の大銀杏
千畳敷海岸
驫木(とどろき)駅
行合崎
十二湖
日本キャニオン
青池
大間越海岸
西海岸の夕陽名所
世界遺産白神山地
観光施設
かそせいか焼き村
ウェスパ椿山
アオーネ白神十二湖
その他観光施設
特産品
つるつるわかめ・キャロット
食品
菓子
工芸品・民芸品
海産物・農産物
久六島
エゴテン・もずく
海産物
ふかうら雪人参
農産物
交通情報
リゾートしらかみ
深浦町へのアクセス