ひと網、マグロ700匹。

「どんなものが獲れるかって? タイ、メバル、ソイ、ブリ、カワハギ、マグロ・・・、ここなら何でも獲れるさ。 盆が過ぎたら終わりだけどな」

「ウェスパ椿山」駅から車で10分足らずのところ、深浦町沢辺で定置網漁を営む鶴田仁さんの船に乗せてもらった。
穏やかに見えた海も、ほんの5、6分沖合に出ただけで波が大きくうねっている。岸の方まで延々と伸びる800m超の長さの網の中に、 いまどれだけの魚群が泳いでいるのか?
「多いときなら、マグロだけで700から800匹ってところだな」(・・・・!)
この日は、別の岸寄りのサザエの網を引き上げてもらうことにした。小ぶりのうまそうなサザエが次々と上がってくる。
これはすべて市場に?
「市場に出したり、予約があれば"漁師のまかない飯"でお客さんに食べてもらったり」(!)
取材班一行、一も二もなく明日の昼飯8名様ご予約!

海と山しかない町と思うか、海も山もある町と思うかで、深浦の印象は大きく異なることだろう。 翌日、われわれは胃袋を通して、深浦恐るべし、の感を深くすることになる。

地図表示

NOTES

海産物

漁業の町である深浦は恵まれた海流の漁場で新鮮な天然の魚介類が水揚げされます。 地元深浦の飲食店や宿泊施設では新鮮な魚介類が格安で食べられます。...続きを読む